速度が速すぎても遅すぎても燃料消費量は多くなる

車の燃費を気にするという人も多いことでしょうが、少しでも燃費を良くするためにはどうすれば燃費を良くすることができるのかということを知る必要があります。
燃費に大きくかかわってくるもののひとつに、速度がありこれは速すぎても遅すぎても燃費に影響を与えてしまうのです。
一般的に燃費の悪い走り方というと、過度にアクセルを踏んで急加速をするような走りかたが燃費の悪い運転といわれています。
車はアクセルを踏んだ時に燃料を消費するので、過度にアクセルを踏み込めばそれだけ燃料消費量が増えることになるため、燃費は悪化してしまうのです。

そのため、燃費を気にしてゆっくり走るという人も多いことでしょうが、実は遅すぎても燃費は悪くなってしまうのです。
これは自転車に乗っているときのイメージするとわかりやすく、スピードを出そうと必死にペダルを漕ぐと体力を消費してしまいますが、不必要にゆっくりとペダルを漕ぐというのも疲れてしまうものです。
これは車も同じことでスピードを出すために効率の良い部分というのがあるので、その効率の良い部分を外して走ると速すぎても遅すぎても燃料消費量が増えてしまい燃費が悪くなってしまうので適度なスピードで走るのがもっとも燃費の良い走りとなるのです。

コメントは受け付けていません。