急発進や不必要なアイドリングはダメ

最近は自動車の省エネ化について各自動車メーカーがエコや交通公害を防止するという観点からも取り組んでいます。
しかしたとえ燃費のいい自動車でも運転手の意識によって大きく変わってくるのです。
基本的に自動車の燃費をよくする、交通公害を抑えるためには急発進や急加速、空ぶかしを行ってはいけません。
発進時はオートマチック車ならクリープ現象によって車が動き出す挙動を利用してゆっくりと発進させてスピードにのせていくことが大切です。
加速するときもアクセルを急に踏み込んでは燃料を消費してしまいます。ゆっくりとアクセルを踏み込んで加速していく感覚で速度をあげることがポイントです。
燃費に影響するのは発進や加速の時だけでなく、ブレーキのときも関係があります。急ブレ-キは燃費を悪くしてしまいます。
ブレーキはやむを得ない時を除いては、急ブレ-キは使用せず早めにブレーキをかけてゆっくりと停止するようにします。
また不要なアイドリングも燃費や交通公害に影響があります。駐車場などで止めているときはエンジンを停止させるようにします。
このように何気なく運転をしている場合と、意識して運転するのとは燃費も変わってきますし、公害にも影響があります。
自分本位の運転方法は周りに迷惑をかけてしまいますが、車の流れに応じてスムーズな運転を心がけることが大切です。

コメントは受け付けていません。