空走距離・制動距離・停止距離

自動車を走行状態かブレーキを掛けて停止するまでには2つの工程が踏まれます。
人間は、危険を察知してブレーキを掛けるまでには目からの情報をいったん脳に送り、脳が瞬時に足へブレーキを掛けるよう指令をだします。
しかし、この間にはタイムラグがあります。
また高齢になればなるほどこの伝達スピードは劣っていき急な危険回避能力が衰えてきます。
人間が危険を察知して、ブレーキを掛けるとき最初にアクセルから足を離し、ブレーキへと足を移動させます。
この間にも自動車は走行をしているのである一定距離を走行します。
その、期間の事を、空走距離と呼びます。
この期間を短くすれば制動をかけて自動車が停車するまでの停止距離を短くすることができます。
その次に制動距離があります。
実際にブレーキに足を載せてブレーキが利き始めてから完全停止するまでの距離を言います。
最近の自動車には踏力が男性に比べて弱い女性でも十分な力が得られるような倍力装置が備わっています。
制動力を十分に発揮させるためには、力いっぱいブレーキを踏む必要があります。
普段、運転に慣れている人は問題なく踏めるのですが、怖がってし思いっきり踏めない場合は、制動距離が長くなります。

コメントは受け付けていません。