空走距離が長くなる要因

空走距離というのは、運転手が危険を察知してブレーキを踏むまでに車が走ってしまう距離のことです。この距離はいって見れば反応の速さによって変わってくることになるといえます。この反応の速さに関係してくる要因として疲労や病気、年齢といったようなものが考えられます。また、その日の体調といったものも関係してくることになるでしょう。
このことからいえることは、疲労や病気など体調がわるいと、危険に対する反応も遅れるということです。ですから、体調がよくないと感じるようなときは運転を控えたり、車間距離を多めにとるといったような対策をとることも大事だということです。そして、高齢になると反応速度も遅くなるので、やはり、車間距離を若い時よりは多めにとるといったような対策をとることも大事です。若い時と同じ運転をしていると危険だということを把握しておくべきだということです。
いずれにしても、車は急には止まれないものだということをしっかると認識をしておき、人の反応速度といったものはそんなに早いものではないということを自覚しておくことが大切なこととなるでしょう。車は人の反応速度を超えた乗り物たと認識すれば、どう扱えばいいのかも自ずと明らかになるといえるでしょう。

コメントは受け付けていません。