車が動き続けようとする力と停止しようとする力について

マイカーを運転する際には、エンジンを始動してアクセルを踏むことによって初めて動かすことができます。自動車の構造上としては、エンジンは動力源として必ず必要とされているパーツになり、動き続けるためにも欠かすことのできないものとされています。その一方で動き続ける原理に関しては慣性の法則を挙げることができ、一旦動き始めた場合では、ニュートラルにしてもそのまま直進を続けようとする動きが生まれることになります。加えて重加速というものも存在しており、大きなボディのタイプであっても重さによって加速が付くことがあり、慣性と同じように動くために機能することになります。逆に停止させることを必要とする場面では、通常ではブレーキをかけることが必要とされていますが、摩擦係数が大きくなるほどブレーキが利きやすくなることが一般的になります。完全に停止するためには、動こうとする力よりも大きな停止能力が必要とされているものですが、この点に関してはシフトダウンが行われることによって、いわゆるエンジンブレーキを併用することもでき、安全に走行を行うことを可能としています。運転に関しては常に制動距離を知ることも必要とされており、特に停止するための能力に関しては重要な項目とされています。

コメントは受け付けていません。