交通公害の防止

自動車は、ガソリンを燃やしてその爆発エネルギーを動力へと変換して走行しています。
その爆発エネルギーを得るためには、燃料を燃やす必要があります。
ガソリンを燃やすと有害物質がいくつか出てきます。
NOxやPMと言ったものです。
これは、公害に繋がるだけでなく健康被害も現れてきます。
日本では、このような公害物質の飛散を防止すために、自動車保安基準によって厳しく数値が決められています。
公害物質を取り除くために、自動車には様々な仕組みが備わっています。
一つ目は、エンジンとマフラー出口の間に取り付けられている触媒というものです。
これは、燃焼ガスに交じっている有害物質を吸着し排気させないような仕組みになっています。
しかし、永久機関ではないので年数が経ってくると効力が衰えてきます。
その効力が衰えた触媒を見つけるために、車検時ににマフラー出口から有害物質がどれだけ放出されているか計測する項目があります。
この決められた割合以上の有害物質を排出していると車検には通らず、公道を走行できません。
古い規格で作られたディーゼルエンジンは、多くの有害物質をばらまきますので走行制限がかけられている地域もあります。
今日の新しい規格のディーゼルエンジンは環境にすごく優しく交通公害にはなりません。

コメントは受け付けていません。